FC2ブログ

メッシやセナがどうして「神」なのか

昨日の試験、たぶん大丈夫そうです。たぶん。

HPに回答だけじゃなくて、問題もアップロードされてたのでもう一度解いて、たぶんこれを選んだはず。という感じで答え合わせしたところ、学識は1問間違い、保安が4問間違い。20問中12問正解で合格なのでたぶん大丈夫かなと。


話は変わりますが、今日また面白い考えが出てきました。

昨日書いた、メッシとセナに共通する意味不明な魅力についてボーッと考えてて、僕もそういう人間になれないかなぁ。とかふと思って、ちょっとそういう意識を持ってみたら変わったんですよ。色々と。

メッシとかセナとかって、世界中にめちゃめちゃ沢山ファンがいて、愛されて崇拝されて、ヒーローでスターで、まるで神であるかのような扱いを受けてるじゃないですか。

どこにいってもそういう扱いをされて、自分自身もそれだけの努力をして実力があって結果を出せることに誇りを持ってるから、周りからの評価や期待がどんなに大きくなってもそれを素直に受け入れることが出来る。自分は天才でヒーローでスターで、神のような存在なんだと。そういう意識で生きると、本当にそういう人間になっていくんじゃないか。

具体的にそういう人間っていうのがどういう人間なのかはよくわからないですけど。


今日は仕事で運転していたわけですが、そういう意識を持てていた時は、普段だったらイラッとするようなことがあっても全く動じなかったです。このことは前から思ってたことだけど、他人がしたことにイラッとするってことは、自分も同レベルだってことだと思う。だから、意識レベルで完全に相手を凌駕出来れば全く何も感じない。これもなかなか自分で意識的にそういう状態に持って行く方法はわからなかったんでね。たまーにそういう時もあるけど、やっぱり、自分がそうしてても周りから勝手にやられるからどうしようもないじゃん。もう完全に避けたいなら一歩も外に出ない他ないんじゃないか。

と思ってたけど、今日の意識の変化はヒントになった。意識的に常にそういう状態に持って行ければ、どこで何をやってもストレスフリーだと思うし、たぶんそうなったら僕はメッシやセナとは全然比較にならないにしても、身近な人から尊敬される、愛される、外で他人から見られたときに、なんかよくわからないけどかっこいいと思われたりモテるようになるかもしれないw


大抵の人は、その人の意識は周りの評価で形作られるってことですよね。多くの世界チャンピオンが近しい人に支えられてて、「お前なら出来る」「お前が世界一だ」みたいなことを言い続けられて、本人もそう錯覚してそれがいつの間にか本当になった。っという感じなんだろう。

僕の一番の才能は、本質的なところというか、もの凄く深いところで自分のことを信じてて、他人からバカにされても批判されても、何も言われなくても自分一人で勝手にそういうことが出来るところなのかもしれない。


たぶんこれって、たんに「自分は神だと思えば神になれる」って話じゃないんです。何もない人はさすがにそういう風に持って行くことは出来ないと思う。僕は、人生順調にいってる人は経験しないであろうことを沢山経験して、あまり常識的ではない価値観、物の見方をするようになって、わりとそういう「視野の広さ」は誇りに思ってるところがあるから、それを支えにすることでそういう意識を呼び起こすことが出来る。という感じ。

今日試しにやってみて、今日すでに常にそういう状態ってわけじゃなくていつもと同じ状態に戻ったりもしたので、結局これもいつも通り一ヶ月も経ったら完全に忘れて元通りってオチかもしれませんがw


なかなか面白い話でしょ?他人、自分が平均だと考えてる常識的な人、一般人。と、自分が思ってるレベルの意識に対して、自分の方が上だと思える何かを持ってる人だったらたぶん意識一つでそうなれるんじゃないかと思います。


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : PQ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Franky666

Author:Franky666
ニコニコ動画で実況プレイとかいうやつをしてたりしてなかったり。
マイリストpart1集
http://www.nicovideo.jp/
mylist/22423300

このブログは、テーマとかありません。
気が向いたらテキトーに更新します。

好きな言葉

最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できるものである。(ダーウィン)

自分が眠っていると気づいた人は、その瞬間、すでに半分目覚めている(ウスペンスキー&グルジェフ)

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう(アインシュタイン)

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード