FC2ブログ

アルゼンチンとブラジル

アルゼンチンvsナイジェリアとブラジルvsセルビアの試合を見てみたんですけど、アルゼンチンを見た時は、なんかそこまで強いとは思えなくて、これなら日本の方が強いんじゃないか?とか思ったんですよ。チーム全体としては。全体的な連携という点で。まあ、個人技では負けるので一発の攻撃力で点取られる可能性はあるだろうけど。やってみなければわからないけど、アルゼンチンクラスと当たってもそこそこやれそうじゃないか。みたいに思ったんですよ。

っで、次の日、ブラジルの試合見たら、こりゃダメだと思ったw 強すぎるw ブラジルは最早代表チームじゃなくてクラブチームでしょw なんか前にもワールドカップでブラジルの試合見て同じこと思ったような気がするけど。

そのブラジル相手になかなかに健闘してたセルビアも大したもんだと思うけど。入っててもおかしくないシュートも何本もあったからね。


アルゼンチンにはメッシ、ブラジルにはネイマールがいるわけですが、ブラジルはネイマールというより全員って感じですよね。その中でも少しだけ抜けてるのがネイマールという感じ。アルゼンチンもメッシ以外にも凄い選手は何人もいるけど、それでもやっぱりメッシは飛び抜けてる感じ。

前に何の試合だったか全く覚えてないけど、岡田武史の解説でアルゼンチンの試合を見たときに、メッシが走らないことに対して岡田さんがダメだししてたのを思い出した。走ったらもっといい選手になるのにって。僕もさすがにあれはどうなんだと思うけど、どうなんですかね?w

親父に意見を聞いてみたこともあったけど、メッシはあれでいいんだとか言ってた。少し笑いながら言ってたからあまり真面目に答える気はなかったっぽい。まあ、他の選手並に走れとまでは言わないけど、いや、さすがにそこは走ろうぜ。って思う場面がたまにあってね。ゴール前まで攻めて敵に取られてから中盤で味方が取り返してもう一度攻めの体制に入った時に、メッシは歩いて戻ってきててまだオフサイドポジションにいてパスが出せないとか。まあ、戻ったところでディフェンダーに囲まれててどっちみちパス出せないから意味ないからやらない。とかそういうことなのかもしれないけど。

要所要所ではダッシュしてるし、余計に走って体力消耗するよりいざというときに力を発揮出来るように余計な体力は使わないってことなんですかね。

メッシって、世界的にはもうマラドーナを超えたって評価されてるけど、アルゼンチン国内ではまだマラドーナの方が上だと言われるらしいじゃないですか。それってやっぱりワールドカップでアルゼンチンを優勝に導いてないからなんですかね。時代の違いもあるからねぇ。

サッカーを変えたとか言われてるのってオランダですよね。なんか、20世紀最高のプレーヤーは誰かっていう投票を、たしかファンじゃなくて関係者でやったところ1位がヨハンクライフで、マラドーナもペレも出来なかったことをやった。とかなんとか。たぶんそれがオランダのトータルフットボールとかいうやつだと思うんですが。

マラドーナの時代はそれより前ですよね。だから今の時代に一人の力でチームを勝ちに導くというのは、マラドーナの時代よりも遥かに難しくなってると思う。一次リーグの第3戦を見る限りでは、いくらメッシが凄くてもアルゼンチンがブラジルに勝てるとは思えないなぁ。やっぱり11vs11ですからね。


サッカーを変えたで思い出したけど、F-1で言うとシューマッハってところだな。セナやプロストは確かに凄かったけど、あの時代って、マシン開発はテストドライバーの仕事で、レギュラードライバーは出来上がった車をレースで走らせるだけって感じだった。それをシューマッハは、テストがあれば全部参加して、マシン開発から全部関わって自分好みの車を作るってところからやったんだよね。今じゃ開発も出来ないとチャンピオン獲れない時代になった。シューマッハがF-1を変えた。そういう意味では、セナプロよりもシューマッハの方が偉大だって見方も出来る。

たぶんアロンソはシューマッハより前の時代にいたらセナプロピケマンセル級のレーサーだったと思う。残念なことにマシン開発が絶望的に出来ない人だからw さらにタチ悪いことに、出来ないくせに口出すから車が良くならない。んで遅い車に乗せたら右に出る者はいないw 遅い車に乗ってチームメイトに圧倒的な差を付けるから、余計にその速さが目立つというw しかし車が遅いからチャンピオンにはなれない。車が遅いのは実はアロンソの責任でもあるんですよw アロンソがいた頃のフェラーリを思い出してください。間違いなく天才ではあると思うんだけど、時代に合わなかったというか。自分の特徴を理解して開発に一切口出さなければいいと思うんですけどね。性格的にそれが出来ない。厄介なドライバーですよ。バトルとか上手いから個人的にはいて欲しいですけど、もういつ引退してもおかしくないからなぁ。

なんかね、一度見始めてから惰性で見てるけど、応援したいドライバーがいないんですよね。ハミルトンを応援しようと思っては大事なところですぐミスしたりしてとてもチャンピオンの器じゃないとか思って、ベッテルを応援しようと思っても、何かあるとすぐ頭に血が上ってめちゃくちゃになるし、ライコネンは少しでも車が自分に合わないと速く走れないし大事なところでは大抵ベッテルに先行されるし、ボッタスは本当に勝つ気あるのか?と思わせるような闘争心のなさ。何しにメルセデス来たんだよ。それぞれに良さもあるんだけど、なんかね、セナプロみたいに全面的に凄いというか、これぞ世界チャンピオン!みたいな人がいなくて。人間だから誰しも弱点はある。とかそういうこと言っていいレベルじゃないはずだと思うんですよね。世界最高峰のプレイヤーってのは。これはもう人じゃない。神だ。ぐらいのプレーを見せてくれないと。

今年に限って言えばハミルトンはようやくチャンピオンらしくなってきた感があるので、今応援するならハミルトンなんですが、どうしてもボッタスを応援したいらしくて、今年何度かボッタスに優勝チャンスがありましたが、もの凄くドキドキしましたね。自分でもビックリするぐらい。ああ、俺やっぱりボッタス応援してるんだなって思った。でも大人しすぎるんですよね、第2戦でしたっけ?タイヤが終わってたベッテルを抜けなかったレース。どうもメルセデスは後ろに付くと弱いらしいけど、いくらなんでもあれを交わせないのは情けないよなぁ。その後にもベッテルに楽させたことで逃げ切られたレースもありましたよね。この辺はベッテルの姿勢が好きなんですよね。ベッテルが一番前の車を追い詰めますよね。リカルドとかもそうか。ボッタスとかライコネンもそうだけど、なんかね、抜く気ないよね君。っていうレースしかしないからな。トトウォルフが言ってたキラーなんちゃらってやつが足りないってことなんですかね。アゼルバイジャンはボッタスのせいじゃないですけどね。トップを走るボッタスがパンクしたときは思わず頭を抱えてしまいましたよw リプレイ映像でトトウォルフが僕と同じ反応してて笑ったw

そんな感じで、結局今一番好きなのはアロンソになってますw 速さとバトルの上手さとレースの上手さ、精神的な強さ、前の車を抜こうとする闘争心。全部持ってるのってアロンソぐらいかなって。ハミルトンもここまではかなりそれに近いですけど。

何が言いたいのかよくわからなくなってきたので、ここでやめますw おやすみなさい。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : PQ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Franky666

Author:Franky666
ニコニコ動画で実況プレイとかいうやつをしてたりしてなかったり。
マイリストpart1集
http://www.nicovideo.jp/
mylist/22423300

このブログは、テーマとかありません。
気が向いたらテキトーに更新します。

好きな言葉

最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できるものである。(ダーウィン)

自分が眠っていると気づいた人は、その瞬間、すでに半分目覚めている(ウスペンスキー&グルジェフ)

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう(アインシュタイン)

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード