FC2ブログ

今の日本代表は強い

さっきは夜勤明けで眠かったのもあってあまり書きたいことが書けてないので引き続きセネガル戦の話を。

オフサイドトラップを見た時、感動して鳥肌&涙が出そうになりました。別にそこまで凄いことじゃないと思うかもしれませんが。確かに技術的にはそんなに難しいことじゃないです。小学生のサッカークラブでも教えれば出来るでしょう。でも、ワールドカップで出来るかと言ったらそれは全く別の話です。

あれ見たとき、カイジを思い出したんですよ。カイジと利根川のEカードの最後の勝負の時、利根川が一枚目に皇帝を出そうとしたけど出せなかったやつ。その時のナレーション「これで皇帝を出せたら、どんなに博打は楽か」アカギでも「ギャンブルというのは、賭けるものがあるかないかで勝負の質が変わる」ってのもある。

別にあの人達は賭けをしてるわけじゃないです。負けたからと言って死ぬとか身体の一部を切断させられるとか焼き土下座をさせられるとかそんなんじゃないですが、ワールドカップってサッカー選手にとって夢の舞台なわけでしょ?代表選手としてワールドカップに出てそこで活躍することがあの人達の人生の目標。っで、そのためだけに人生のほとんどの時間をサッカーに捧げてきたわけです。日本の実力からしたら優勝は到底無理ですが、それでも人生を賭けて本気でやってきたんだから、あの人達はそんなこと関係なく優勝する気でやってるんですよ。代表選手に選ばれた時点で、「絶対優勝してやる!」って気持ちは全員持ってるはず。本田のビッグマウスは批判の対象になったりもしてたし、優勝と言って予選敗退した時なんか見てるだけの人はバカにしたでしょうが、他の選手達も口に出さないだけでみんなそう思ってるはずですよ。身内とかには優勝するって言ってるかもしれない。まあ、それをメディア相手に本当に言えてしまう本田の度胸というか精神力というか、それは本当に凄いところですが。しかも本田って無責任じゃないですからね。責任感強い人だと思うんですよ。それでそういうこと言えちゃうのは普通じゃないです。ある意味天才。

そういうところ、ワールドカップが彼らにとってどれだけ重いか、人生を賭けて本気で何かに取り組んだ経験がないとなかなかわからないかもしれませんが。

そうなるともう彼らにとって敗北はそれ自体が拷問に近い苦しみとなるわけ。別にギャンブルではないけど、自分の人生全てを賭けてると言う意味では、ギャンブルに近い精神状態でもあるわけです。そこであれが出来るというのは、とんでもないことです。今の日本は、精神力という点だけなら今大会ナンバーワンじゃないかという気がしてます。


んでここからはにわかサッカーファンの戯れ言ですが。

なんかこう、それぞれのポジションでみんな活躍してる感じがしますよね。中田の時代だと中田一人が飛び抜けててチーム全体としてはそこまでではなかったというか。ちょっとアルゼンチン的な感じ。アルゼンチンを全体的に弱くした感じ。今の日本はドイツ的なイメージ。全体的にみんな上手い。

色んな人の活躍が目立ってて、ちょっと香川がイマイチに見えてしまう。ここに中田がいたら…とか考えちゃう。まあ、本田がいるわけですが、じゃあ先発本田にするか?と言ったら、それも難しいですよねきっと。2試合とも本田は後半途中出場ですが、他の選手が疲れてきたところでエース登場って相手チームからしたら凄い脅威だと思うんですよ。実際本田は短い時間だけどしっかり活躍してますし。こういうのも西野監督の采配ってことなんでしょうか。

香川って、初めて見たときは何かの親善試合だったと思いますが、ワントップで出てたと思うんですよね。んでその時に凄い選手が出てきたなと思ったんですよ。中田がいるときに出てきてたら…みたいな。それがいつの間にかトップ下になってた。トップ下になってからの香川からは、その時ほどの衝撃は受けてないです。あの人フォワードで使った方がいいんじゃないの?って未だに思う。クラブチームの試合は全く見てないので知らないのですが、たぶんトップ下が本職なんだろうけど。それに、今は大迫がいますからね。大迫は実は以前実家に泊まりに行ったときに何かの親善試合をやってて、親父は自身も高校からサッカーやってて会社のサッカー部でフォワードやってて何かの大会で得点王になったり、小学生のサッカークラブのコーチやってた人で、それなりにサッカーを知ってるんですが、その時に大迫を絶賛してたんですよね。でも僕はその試合を見たときは、そうかな?そこまで凄いとは思えない。香川のフォワードの方が凄かった。って感じだったんですよ。

今回衝撃を受けたのは、コロンビア戦の時に岡田武史が解説で「素晴らしいターンだった」って言ってたプレー。こんなこと出来る人日本にいたんだ。って。それで注目して見てみるとめちゃめちゃ凄いじゃん。って気付いたw コロンビア戦でPKをもらったときの大迫の攻めもよく見ると凄いですよね。ボールが収まってない状態でディフェンダーのマークを受けつつ一度身体が一回転回って、それでもボールを見失わずディフェンダーとボールの間に上手く身体を入れて次の瞬間にはディフェンダーを振り切ってドリブルの体制になってる。それでしっかりシュートまで持って行ってる。なんかこう、僕の目からだと、何が上手いのかよくわからないんだけどなんか上手くマークを振り切って自分のボールにしてるよね。しかも前を向いて。なんなんですかあれw 意味がわからないw

あれがあれなんですかね。「大迫半端ないって」ってやつw 確か後ろ向いてトラップがどうたらって言ってましたよね。やっぱりトラップが上手いってことなんでしょうか?

あと今大会ブレイク候補とか言われてた柴崎も凄いですよね。中田がいなくなってからはトップ下にパサーがいなくて、その穴をボランチの遠藤が埋めていたという印象だったんですが、柴崎のパスの精度と視野の広さは中田を思い出させる。パス一本で決定的なチャンスを作れる貴重な存在ですよね。

あと2戦目で嬉しかったのは、長谷部がミドルシュートを打ったり後半少しドリブルで押し上げたり攻撃参加が積極的な気がするところ。長友の活躍はもう前から安定してますが、この人も年々レベルアップしてる感じで凄いですね。年齢的にはもうピークは過ぎて体力的には落ちてくる頃だと思うので、経験値と合わせても今大会がピークかなと思いますが。というか最後になるのかな。長友クラスの若いサイドバックが出てきたら。…出てきますかね?w

乾に関しては、コロンビア戦みた段階では実はあまり好きじゃなかったんですよ。ドリブルが得意という話ですが、すぐ倒れすぎじゃないですかね?昔の日本人選手みたい。なんか大迫もそうだったけどトレーニングで倒れないように鍛えて強くなったらしいじゃないですか。昔のカズもそうだったんですよね。中田もバランスがよくて簡単には倒れなかった。強い選手はそんなすぐには倒れないですよ。あんなにすぐ倒れてたらその得意のドリブルだって活かせない。あとはコロンビア戦では決められなかった得意の形でのシュート。乾という選手を知らない僕は、なんでいちいち切り返すんだよそのまま左足で打てば良かったのにとか思ってたんですね。個人的にはそういう選手の方が好きなので。

しかし、セネガル戦ではあの形から2回シュートを打ってますが、一回は見事に決まったし2回目もクロスバーということで、あそこまで精度が高いのならその形に拘るのもいいのかなと。あとは大迫とかカズとかを見習って倒れない選手になって欲しいですね。そうすれば得意のドリブルとやらも世界の強豪相手に発揮出来るんじゃないですかね。日本人選手がワールドカップ優勝候補相手にドリブルで切り込むとか胸熱ですよね。そんなの見せられたら僕感動して泣いちゃいますw 是非見せて欲しいです。


今の日本代表はかっこよくて頼もしいのでポーランド戦が楽しみです。勝ってほしい。1位通過してほしい。がんばれ!僕らの代表!

スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

tag : PQ スポーツ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Franky666

Author:Franky666
ニコニコ動画で実況プレイとかいうやつをしてたりしてなかったり。
マイリストpart1集
http://www.nicovideo.jp/
mylist/22423300

このブログは、テーマとかありません。
気が向いたらテキトーに更新します。

好きな言葉

最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できるものである。(ダーウィン)

自分が眠っていると気づいた人は、その瞬間、すでに半分目覚めている(ウスペンスキー&グルジェフ)

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう(アインシュタイン)

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード