FC2ブログ

合流に関する話

高速道路の合流の話ですね。

高速道路の合流線は「加速レーン」って名前がついてますよね。基本的に加速するためのスペースなんですね。ここでは加速しないことが一番の事故の元です。単純にスピード出し過ぎは事故の元。速度を落とせば安全運転。という認識が強いですが、高速道路ではその意識はまず捨てていただきたい。それともう一つ、本線走ってるが優先という意識も捨ててください。基本的には、前にいるが前に入る。と、もの凄く単純に考えてください。

とりあえず一番簡単な、3線の高速道路。東名高速道路みたいなやつ。合流は必ず左線になってますね。そういう道路で一番左を走ってるってのは、大抵ゆっくり走ってます。80キロとか。っで、そういう高速道路の合流車線は大抵距離が長いし、路肩も一車線分あるから最悪路肩を使ったって構わない。これだけの余裕があれば、乗用車ならアクセル踏めば楽勝で90キロとか100キロとか加速できるはず。

こういうところでのコツは、本線の状況が全くわからない段階から大胆に加速をして、本線を走ってる車より速い速度まで上げた状態で様子を伺うこと。90キロぐらいまで出せば十分だと思います。後は、本線を走ってる車の様子を伺いながら、加速レーンをなるべく一杯まで使ってゆっくり本線に入っていく。速く合流しようとして焦らないこと。

どうしても「本線が優先」という意識が強いらしく、合流してくる車は遠慮して減速する傾向がありますが、どちらかというと逆の方が全体の交通がスムーズに流れます。本線に入るわけだから、本線の側にスペースを作ってもらうしかないのだから、どちらかというと本線側が譲ってあげる意識を持った方がいい。っで、自分が本線を走ってる時に譲りやすい車がどういう車か想像してください。自分より速く走ってる車ですよね。であれば、自分が合流する側なら、やるべきことは本線を走ってる車よりも速い速度まで加速しておくこと。とわかるはずです。

自分が本線を走ってる場合は、合流してくる車が目に入ったら早い段階からゆるやかに速度を調節してその車が入りやすいようにスペースを作ること。そのスペースは自分の前でも後ろでも構わないです。前に入れたいなら早い段階からしっかり減速すること。後ろに入れたいならしっかり加速をすること。タイミング悪く横に並びそうなのに加速も減速もしないで様子を見るのが一番ダメ。可能なら右の車線に車線変更するのが一番いい。車線変更する場合はその時になって焦らないようにあらかじめ後ろから車が来てないか把握しておくこと。把握出来てない場合は諦めて減速すること。その時になって慌てて後方確認して車線変更すると死角に車がいたりして事故ったりします。出来れば、いざって時のために周りの状況は常に把握しておきたいですね。出来てない時は車線変更をしないのが一番事故る確率が低いです。


あともう一つ簡単に説明できるところで、渋滞が起きてるときの合流について。

本線が渋滞してる時、人間心理として、渋滞してる本線を横目に加速レーンを悠々走って前の方で本線に入れてもらう。というのをやりにくい気持ちはわかります。僕もそういう気持ちはある。しかし、実はああいうケースではみんながみんな一番奥まで加速レーンを使って一番前で合流してくれた方が全体の流れはスムーズに行くし、本線にいる車もその方が助かるんですよ。

本線目線で見ると、手前とか中途半端な場所で入られるとその合流区間を通過するまでの間に何台も入れなきゃいけなくなって本線側の流れが悪くなるんです。合流側は得をすることになりますが。みんながみんな一番手前で合流すれば一緒だと思うでしょうが、なるべくスペースは有効活用した方が全体を見ると流れやすいです。

一般道の二車線道路でその先で一車線に絞られるところがありますが、そういうときに、日本人の国民性か、一車線に車が集中して渋滞してるのに絞られる方の車線がガラガラだったりしますよね。それじゃあその場所が二車線であるメリットがなくなってしまうわけですよ。二車線を有効活用することで後ろの列の長さを短く出来る。そうすると例えば途中で曲がりたい車はもっと早くその渋滞を通過出来るかもしれない。得をするのはその車だけじゃないです。その列から一台いなくなればその分渋滞は減る。その道路と交差してる別の道路の渋滞も緩和されるかもしれない。

これは国民性で仕方ないことかもしれませんが、なるべくなら空いてる車線は有効活用するように心がけて欲しいですね。なんとなく罪悪感を感じるかもしれませんが、この手の罪悪感って実は自分勝手な話で、自分が渋滞してる側に早めに入ることで安心感を得られるからそうしたいだけで、そうすることで本線の車が喜ぶのかと言ったらそれは別の話なんです。本線の車からしたらあなたがどこで合流してこようが一台分スペースを空けなきゃいけないことに変わりはなく、むしろ手前で入っといて、その人がその先で違う車に親切に譲ってあげたりしたら余計イラッとするわけです。だから、遠慮なく一番前まで走って行ってそこで入れてもらえばいい。どこで入ったって譲ってもらうことに変わりはない。先まで行くことに罪悪感があるから手前で入るというのはマナーのつもりで実はむしろ自分勝手な行為なんです。

ただし、この合流の話は、あくまで車線が絞られるケースであって、行き先が違うケースは別です。例えば首都高の箱崎ジャンクションとかね。湾岸線方面の車線からまくるのは出来るだけやめていただきたい。湾岸線方面にも渋滞が伝染するし、渋滞とガラガラで速度差が大きいので、ブレーキ踏んで渋滞の中に合流しようとするのは追突事故の原因にもなるから。しかしこれも状況によりけりで、首都高なんか特にそうですが、手前で車線変更したくても入るタイミングがなくて前の方まで来てしまった。ってことも多いと思います。そうなってしまったらもう仕方ないので、その時は一番前で合流するのがいいと思います。この場合は上に書いたケースと同じ理由で。中途半端な場所で合流するのが一番迷惑です。

一般道でも右車線と左車線で行き先が分かれるところで片方だけ渋滞するケースがありますが、出来るだけまくらないようにして欲しいです。知らなくてそうなってしまったのなら仕方ないですが、標識は結構手前から出てますし、自分が通る道はちゃんと調べてなるべくそうならないようにしていただきたい。

ちなみに、一般道の場合道が二手に分かれる交差点では黄色車線になって車線変更禁止になってることもあるので、一般道の場合はもう仕方ないから気付いたときに入るようにした方がいいです。そういう交差点は結構警察が張ってたりして掴まる可能性もあるので気をつけた方がいいです。そこまで行ってしまったらもう諦めてそっちの道に行ってください。乗用車なら道を間違えてもまた戻ればいい話じゃないですか。タクシーは実車で道間違えるとメーターの関係で怒られるし、今乗ってる大型、特にトレーラーなんかは一つ間違えるととんでもなく遠回りしなきゃ戻れなかったり、下手すると直進も右左折も出来なくてバックで戻るしかなくなったりしますが、普通の車なんて左に寄せて止まれる場所だっていくらでもあるし、裏道でも曲がれるしUターンだって出来る場所の方が多いぐらいでしょう。わざわざ直前になって黄色車線をまたぐなんて、自分の首を絞めるようなリスクを冒す必要はないと思います。


なんかまた話がそれて長くなって余計なことまで書いてしまいましたが。
とりあえず今回はここまでにします。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag :

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Franky666

Author:Franky666
ニコニコ動画で実況プレイとかいうやつをしてたりしてなかったり。
マイリストpart1集
http://www.nicovideo.jp/
mylist/22423300

このブログは、テーマとかありません。
気が向いたらテキトーに更新します。

好きな言葉

最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できるものである。(ダーウィン)

自分が眠っていると気づいた人は、その瞬間、すでに半分目覚めている(ウスペンスキー&グルジェフ)

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう(アインシュタイン)

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード