FC2ブログ

ベースラインを上げる

前に書いたときは全肯定、今回は全否定。みたいになってますが、そんなことはなく、中には出てくるんですよ、面白い考え方が。だからたまに見たくなるんですが。

こういうのね、自分の中にないものじゃなくてすでにあるものを確認するようなものかもしれないですね。自分が思ってることを誰かが言ってくれる。僕がここに書いたってそんなもの目にする人は極少数だしほとんどの人は批判するだけだけど、ああいう作品であれば大勢が目にするし、賛同する人も沢山出てくる。そういうところに満足感を覚えるのかも。あとは忘れないように再確認のためか。

セナを見て嬉しい気持ちになるのもそれだろうな。自分とは違う考え方で成功してる人を見ると批判したくなるしストレス溜まる。総合的に見れば圧倒的にこっちが負けてるのは明白なのに、一部気に入らないところがあるだけでもの凄くイライラする。セナは運転の仕方とかバトルのやり方とかだけじゃなくて、性格的なものも似てるから、あの考え方生き方で結果を出した。しかもたぶん今のところF-1史上最も愛されたドライバーでしょ。だから好きだし見ていたい。セナが活躍するのを見るだけで幸せな気持ちになれるんだろう。


話がそれてますけど。

僕があるところまでしかいけなくて、あるところでピタッと成長が止まってその先に行けない。ってのは、元々持ってる自分の範囲内でしかやってない。ってことなんだと思った。何かの作品を見て面白いと感じて共感することってのも同じで、元々持ってるものだから、その時は学んだ気になるけど実は再確認してるだけで限界は全く変わってない。元々持っているものを忘れてしまっててそれを再確認したことで、少し後退してたものが限界に近づくことは出来ても、限界値が変わってない以上それは成長ではない。

この、自分の限界値自体を高めるという部分が習慣的に出来てないのかもしれない。カート時代はそんなことなかったはずなんだけど、じゃあ限界を超えたときの感覚がどういうものだったか。なんてよくわからない。ただ常に全開で走りまくって少しずつタイムが縮まっていった。走ってない時のイメージトレーニングとかもあったけど、そういう行為って別に今自分がやってることをただなぞってるだけ。ってのとあまり変わらなかったような気もするし。


この前Aさんから、ベースラインが上がってる。と言われたんですよ。僕自身は、ここのところはそれほどゆる体操に力入れてるわけじゃないから、足踏みか、もしかしたら後退してるかなと思ってたから意外だったんですよ。そう言うとAさんは、その方がいいと言ってた。自分の中でやった感、効いた感があっても、それは結局自分の範囲内での話でしかない。的な。これがその、元々自分が持っているものを再確認しただけで学んだ気になるやつだったり、練習と言って今の自分をただなぞるだけ。みたいなもんかなと。

そういうのも必要だとは思いますよ。意味がないからと言ってやらなければ、今まで出来ていたことすら出来なくなるだけだから。しかし限界値を上げるってのはそういう反復練習自体にはないのかもしれない。一般的には反復練習をする中でコツを掴んで上達するものだけど、なんていうか、それは少し間接的な感じがするんですよね。

それに、それはその行為にしか使えない部分の成長だから、例えば運動神経自体のレベルを上げる。みたいなことは不可能ってことになる。それに限られた時間の中では成長出来る量も少ないし何かについて成長しようとしたら他のことを犠牲にしなきゃいけなくなる。

世界チャンピオンを目指すとなったらもうその道以外捨てる覚悟がなきゃ無理だろうけど、ある程度稼げる。程度のレベルだったら他を犠牲にするやり方じゃなくても到達出来ると思うんですよ。

現代の常識ではそういう発想がまだないからね。クラゴンというレーサーは、ゆる体操しかしてないと言ってた。普通レーシングカーを速く走らせたいなら走り込む。という発想しかないでしょ。身体自体が良い状態になるだけでかなりのレベルまで行けてしまうんですよ。現代は。


だからその、Aさんが言っていたベースラインが上がってるという感じを自分で察して、自分でそっち方向に自分を導けるようになる。というのが必要なんだろうなと。


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : PQ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Franky666

Author:Franky666
ニコニコ動画で実況プレイとかいうやつをしてたりしてなかったり。
マイリストpart1集
http://www.nicovideo.jp/
mylist/22423300

このブログは、テーマとかありません。
気が向いたらテキトーに更新します。

好きな言葉

最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できるものである。(ダーウィン)

自分が眠っていると気づいた人は、その瞬間、すでに半分目覚めている(ウスペンスキー&グルジェフ)

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう(アインシュタイン)

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード