FC2ブログ

ある程度で上達が止まってしまう

以前、スロットしかしてなかった時にカイジを見てて、この作者はギャンブルで稼げるのではないか?という記事を書いたんだけど、最近またアカギを見てて思ったのは、たぶん無理だなと。

まあ、現実にあんなことしたらすぐ死んで終わりですよね。自分が1万人ぐらいいるとか人生1万回ぐらいやり直せるというならそういうやり方して偶然上手く行くのを待つのもありかもしれないけど、この一回しかないならそれは成功の秘訣にはならない。

まあ別にあれは勝つための方法を表現してるわけじゃなくて、アカギ本人が何度も言ってるけど、負けて死ぬことを覚悟で無謀なことやってるってだけなんだろうけど。いや、どうかな。アカギのことを「天才」と言っている以上そういう言い訳は通らない気もする。

もし現実にいたらあれは天才でもなんでもない。ただの愚か者。現実でも似たような部分はあるかもしれないけど。成功した人がやってきたことを成功の秘訣だと言ってノウハウとして他人に教えたとしても同じやり方で成功出来る人なんて極少数しかいない。結局その人の環境次第で、結果的に成功した人だけを見るからそう思えるだけで、同じやり方で失敗した人が何人いるのか。ってのを分母にして確率を出さなければそんなもの意味ない。ノウハウでもなんでもない。


っと、今まで僕はこういう批判的なことを書いて満足してたわけですが、今回はそんな話ではなくて、こういうことを考えてて思ったのは、人のことを言える立場かとw じゃあお前はギャンブルで勝てるのか?って話ですよねw

これがね、中途半端なんですよ。全く勝ったことがないかと言えばそうでもない。一応パチンコスロットで3年ぐらい生活してたこともあった。でももの凄く中途半端ですよね。ずーっと勝ち続けてるならいいけど、そうではない。

アカギのセリフにあった「背の立つところまでしか海に入ってないのに、俺はもう海を知ったと公言してるようなもの」ってのに近い。レースに関してもそう。全くの素人ってわけでもない。一応、それなりのレベルまでは行った。でもプロになったわけでもない。中途半端。

前回書いた運動神経だってそうだ。そこそこ出来るけどもの凄く出来るわけではない。


こういうところですよね。この、あるところまでしかいけないのを変えなくては。いや、別に世界1位にならなきゃダメというわけじゃないけど「趣味でやってます」で満足とか、それで稼ぐレベルまで行かずに断念とか、一度いってもそこから落ちてしまうとか、それがダメなところなんだなと。

プロまでいって、それを維持出来るようにならないとね。


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : PQ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Franky666

Author:Franky666
ニコニコ動画で実況プレイとかいうやつをしてたりしてなかったり。
マイリストpart1集
http://www.nicovideo.jp/
mylist/22423300

このブログは、テーマとかありません。
気が向いたらテキトーに更新します。

好きな言葉

最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できるものである。(ダーウィン)

自分が眠っていると気づいた人は、その瞬間、すでに半分目覚めている(ウスペンスキー&グルジェフ)

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう(アインシュタイン)

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード