本物のレーサーになれるのはセンスのある金持ちの息子だけ

https://twitter.com/yukkey0991/status/913309892345077760

こういうのがあったんですけどね。昔、今ほど空力に頼ってなかった時代のF-1ではマンセルとかはよく車間詰めて走ってましたけどね。

見た目には面白いのかもしれないけど、実際やってみればわかるけどレースで車間詰めて走るのなんて簡単ですよ。誰でも出来るレベル。でもなぜやらない人がいるのか。それは後ろにピッタリくっついて走るのが目的じゃなくて抜くのが目的だからですよ。

フォーミュラはぶつかるとすぐに走れなくなったり、タイヤ同士だと下手すると飛んじゃうから基本的にぶつからないように走るからこういうバトルはほとんど見られないけどハコの場合多少ぶつかっても大丈夫だから結構ぶつけて走るらしいですね。だからこういうバトルが見られる。しかし、ぶつけてもいいからって、それってつまり雑ってことじゃん。ある程度下手でもいいってこと。

こういうバトルはカートレースでは日常茶飯事ですよ。カートはメカニカルグリップ100:空力0だから。ピッタリくっついて走れるんで。ただしポンポンオーバーテイク出来る上手い奴は大抵そんなことしないけどねw

これで抜けるってことは明らかに後ろの車の方が速いってことだから、普通に抜けばあっさり終わってるよ。

こういうの見てるとイライラするからレースはあまり見たくないんだよな。なんでこんな素人みたいなのが金もらって乗ってるんだと。F-1ですらバトルに関してはイライラすることが多いからな。俺の方がもっといいバトル出来るのに。的な。

ただし当然だけど現役時代の僕が乗ったとしても単独走行で圧倒的に負けてるからバトルにすらならないっていうねw

そこは経験の差だからね。とはいえ乗せてもらって経験詰んだとしてどこまで速くなれたかなんてわからないからな。何言っても単なる負け犬の遠吠えにしかならないんだけど。

ハミルトンやらベッテルやら見てても、バトルは明らかに下手。特にベッテル。シンガポールとかほんとに酷かったよね。19歳の若者に馬鹿にされる4度のワールドチャンピオンってw やめてくれよ4回って言ったらプロスト級だぜ?往年のプロストが二十歳ぐらいの若者から「自業自得だよね」なんて言われたことあるか?w しかし、単独走行は明らかに速いんだよな。最近のF-1は空力が強すぎて前の車にくっつけない事情があるから未知数な部分もあるけど。

これ見てて少し思ったんだけど、もう今の時代って英才教育だから、本人がどうっていうよりも親がどうって話になってるよね。その人にセンスがなくても小さい頃からの教育で速く走れるようになった人がプロになってるイメージ。

レースは特に金が物を言う世界だから、いくらセンスがあっても練習すらまともに出来なくてさらに本番では(ワンメイクレースであっても)車で差を付けられるから金持ってる奴には敵わない。結果、センスのない金持ちの息子とかセンスのない関係者の息子とかが結果残してプロになるから、単独走行では速いけどセンスが物を言うバトルは世界最高峰のF-1ですらレベル低くてつまらない。ってことが起きてる。

みたいなことを考えてたんだけど、元々レースなんて金持ちの道楽から始まったことで、80年代90年代のF-1が特殊だったのかな。という気もしてきた。あの時が一番「スポーツ」っぽかったでしょ。僕の好きなセナだって、ブラジルでも有数の大富豪の息子なわけだし。

センスのある金持ちの息子だけが偉大なレーサーになれる。ってことだな。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : PQ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Franky666

Author:Franky666
ニコニコ動画で実況プレイとかいうやつをしてたりしてなかったり。
マイリストpart1集
http://www.nicovideo.jp/
mylist/22423300

このブログは、テーマとかありません。
気が向いたらテキトーに更新します。

好きな言葉

最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できるものである。(ダーウィン)

自分が眠っていると気づいた人は、その瞬間、すでに半分目覚めている(ウスペンスキー&グルジェフ)

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう(アインシュタイン)

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード