ハンガリーGP&近況報告

いやー、なんかもう僕はF-1見ない方がいいような気がしてきてる。スッキリしないレースばっかり。面白いところもあるけどストレスの方が大きい気がする。ここのところはベッテルにイライラが溜まってきてるのが大きいかもしれないけど、この内容でよくあんな喜べるな恥を知れ恥を。みたいな。いや、ライコネンに先にいかせなかったのはベッテルの責任じゃなくてチームだし、予選で前にいたのもベッテル、序盤レースをリードしてたのもベッテルなわけで。ベッテルからしたら実力で勝ったレースってことになるからね。

ライコネンに限らずだけど、チームから許しがなければチームメイトに仕掛けないってのもなぁ。接触してメルセデスにいかれたりしたら…っと考えるとリスク犯すことはしたくないのかもしれないけど。見てる方はつまらないよね。チャンピオン獲りたくないの?自分のチャンピオンよりもチームの方が大事なの?川井ちゃんも言ってたけど、ライコネンはチームに文句言った方がいい。

中堅とか下位チームのドライバーの方がレーサーっぽいよね、そういう部分では。肝心のチャンピオン争ってる人達は、なんだよお前らサラリーマンかよ。みたいな。ああ、フェルスタッペンとリカルドはやりあってるなw 最近フェルスタッペンはまたレベルの低い接触をするようになってるね。残念だよ。リカルドの「あの負け犬野郎」は笑ったw リカルドは怒っていい。


ハミルトンボッタスは仲良いんだろうなと思ったけど、ボッタスにはちょっとがっかりだなぁ。いつもだけど、予選はいいんだけどレースペースでハミルトンに完全に負けてるよね。なんなんだろう。終盤あれだけ離されて後ろに近づかれてたらボッタスも文句言う権利ないと思うから戻さなくていいよ。っと思ってたけど。8秒も後ろにいてフェルスタッペンが2秒以内にいるのに譲ったからな。よっぽど仲良いんだろうな。

ハミルトンも自力でボッタス抜いたら戻さなくて良かったのに。とか今思ったけど、今のF-1って空力の影響で前の車に近づけなくてオーバーテイクしにくいからね、後ろについて走るだけでタイヤ消耗するし。バトルしないで前に出られるならそっちを取るんだろうな。そしてチームメイト同士のバトルをチーム側が許さないみたいな事情。

なんかつまらないなぁ。
出來レースを見せられてるみたい。

フェラーリ内でベッテルがこれだけ優遇されてるのがどうにも納得出来ない。序盤からポイント獲ってポイントリーダーだから。って理由だけじゃないよね絶対。フェラーリが今トップチームに返り咲いたのはどちらかというとライコネンの貢献の方が大きいはずだよね。ライコネンのが先にフェラーリ乗ってたんだから。アロンソと組んでた時からマシン開発をずーっとやってきた結果今があるのに。数年かけてようやくチャンピオン狙える車に仕上げたというのに、チームは後から来たベッテルに完全に肩入れ。いい加減嫌になってライコネンF-1引退しちゃうんじゃないか?

なんかこういうのね、上の人間に取り入るのが上手い人が美味しい思いが出来る組織内の人間関係を見てるようでもの凄く胸くそ悪い。

そういう人間社会にあって、スポーツってわりと実力重視な世界ではあると思うけど、所詮は人間関係なんだな。って。


アゼルバイジャンでのベッテルについて、次のGPで右京が言ってたけど、最近は厳しいですよね、昔はもっと酷いことやってた。と。そういえば前に僕もブログに、最近のレーサーはみんな優等生だからつまらない。みたいなこと書いてたなと。じゃあなんでベッテルのあれにあんなにイラッとしたのか。

と考えると、たぶん今の自分の境遇に対する不満が大きいのかなという気がしてきた。ベッテルはあんなことやって年間何億も貰ってるんだろ?って。あんなのにチャンス与えてなんで俺にはチャンスをくれなかった?奴と同じぐらい練習させてくれて、同じぐらいいい車乗せてくれたら俺の方がいい成績残せた。みたいな。そういう不満。ハミルトンとかロズベルグのチャンピオン争いでレベル低いバトルとか見せられるのが苦痛だったのも同じなんだろうな。これが、セナプロストみたいなバトルされたらそんな不満は出ない。あんな走りされたらもう何も言えない。これが世界チャンピオンなんだ。と思える。環境で言ったらセナなんて死ぬほど恵まれてるわけだから、そんな環境だったら誰だって世界チャンピオンになれるよ。っと思うんだけど、それでも不満に思ったりはしないから不思議。


この手の不満といえば、土曜日にボンクラが増えることとか。土曜日に買い物とかの用事を済ませたいと考えるのは週休二日の人達が多いんですよ。週休二日の仕事してるってことは僕よりも良い仕事して良い給料もらってるはず。結婚して家庭持ってたり、結婚してなくても恋人いたり、僕よりも幸せな人が圧倒的に多い。たぶん僕より頭もいいはず。じゃあ今目の前にいるこのボンクラどもはなんなんだ?と。

日本じゃバカの方が金貰えるのか?みたいな気持ちになる。いや、そんなわけないことは理屈ではわかってるんだけど。その人達は間違いなく僕より頭がいいから今こうなってる。

っで、あるとき昼間仕事で4人で乗ってきたサラリーマン風の客の会話で、バスの車庫を通り過ぎた時に、「バスを運転出来るのは選ばれし者だよなぁ」とか、運転苦手という女性が、「教習所で車運転してるときにストレスが凄かった。まぶたが痙攣してた。」とか話しててさ、そういう感覚なのかと。大型は運転大変だろうなとは思うけど、そんな特別なスキルだとは思ったことない。別に僕にも出来るけど、そのリスクを負うのが嫌だからやってないだけで。

人間には得手不得手というものがあってさ、やっぱり僕はそっちに向いてるのか。って。そう考えたら、土曜日ボンクラが増えるのもまあそういうことなんだろうなと。僕から見たらもうバカばっかりなんだけど、逆にその人達の得意分野においては僕の方がバカってこと。っで、そういう賢い人達は、自分の得意分野で頑張って金を稼いでるわけだ。

今の僕は、自分の得意分野において「楽だと思う」仕事を選んでる。しかも実は僕にとって楽じゃなくて。得意分野かと思いきや、そっちのスキルは普通レベルあれば十分で、重要なのは接客の方。そっちは僕の苦手分野。

考えてみたら、なんだその仕事選びは、俺はバカじゃないのかと。

運転系の仕事において、一番向いてないと出来ないであろう仕事、大型トレーラーの運転。僕が一番稼げる可能性が高いのはこれだろう。けん引免許取った時、非公認の教習所で練習したんですけどね。一番最初に教えられたのは、まっすぐにバックすることで、本当にまっすぐ下がるのは不可能に近くて、右に左に細かく修正しながら下がるんだけど、1度見本を見せてもらって、そんなの簡単じゃないか。って、実際に教官と同じようにやってみせたら、普通は初めての人だとあっちいったりこっちいったりでまともに下がれないよ。センスがいいんだよ。と言われた。褒めて伸ばすタイプだったのかもしれないけど。こんな簡単なことが出来ない人がいるなんて僕には信じられない。という感覚。

だいたいけん引免許を取ろうなんて思う人は運転好きだけでしょう?普通免許を嫌々取るような向いてない人が出来ないというならまあわからなくもないが、けん引免許を取ろうと自分で思うような人間が、本当にそんな苦戦するのか?書いてて疑問に思えてきたw やっぱりワッショイされただけじゃなかろうかw

しかし、もしそれが本当だとすると、僕はそういう向いてる人間の中でもセンスがいいってことになるわけで。やっぱり環境さえ良ければF-1いけた?w とか考えちゃったりw いやまあ、レース業界金持ち天下だからそういう人は沢山いるけどね。この人にチャンスを与えれば間違いなくプロになれるとか。日本のレース業界は金持ちもだけどメーカーの縄張りみたいなのもあるよね。自分のところの息のかかったレーサーが活躍しないと自分の給料が下がるからよそのドライバーは乗せないとか、乗せても同じ車は与えないとか。各自動車メーカーのレースを担当してる偉い人達がそんなことやってるから日本人レーサーは育たない。日本のレースはレベルが低い。本当に「レーサー」になりたかったら子供の頃からヨーロッパに住んで向こうでレース出るしかない。それが出来ない環境ならレーサーは目指さない方がいい。


話がそれましたが、まあ、そういう流れで数ヶ月前からハローワーク通ってるわけですが、今の会社に入った時は金がなくて仕事もしてなかったのでもうなんでもいいからとにかく仕事をしなければ。って感じで選んだりとかしないで一つ目で決めて失敗したかな?と思ってたので、今度は良い条件の会社を探して、良さそうなところに就職が決まってから今の仕事を辞めるつもりです。

F-1の話から近況報告に変わりましたがw 今回はここまで。


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : PQ F-1

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Franky666

Author:Franky666
ニコニコ動画で実況プレイとかいうやつをしてたりしてなかったり。
マイリストpart1集
http://www.nicovideo.jp/
mylist/22423300

このブログは、テーマとかありません。
気が向いたらテキトーに更新します。

好きな言葉

最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できるものである。(ダーウィン)

自分が眠っていると気づいた人は、その瞬間、すでに半分目覚めている(ウスペンスキー&グルジェフ)

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう(アインシュタイン)

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード