アゼルバイジャンGP

まだ見てる最中なんですけどね。ボッタスだめかもしれんな。速さは見せてるし復活する可能性もまだあるとは思うけど。

スペインと今回と、ちょっと酷いですよね。スペインのは今回ほどではないけど。今回の接触はちょっとなぁ。。。ちょっと気になってたのは、今回の1コーナーのブレーキもだけど、どうも遠慮してるような、接触を過度に恐れてたり車を壊しちゃいけない。みたいな感じで少し守り気味の走りになってたりとか。なんだろう。ボッタスのこれまでの経歴とか知らないけど、これまでのキャリアで一番速い車に乗ったことがないとか?だとしたらありそうなのが、僕の経験から最近少し思ってることがあって、友達がカートを始めた頃に父から「やるなら良い物を使え」と言われたらしいけど、それ。貧乏性みたいなのは良くない。子供の頃に特にありがちなのが、遅い車で勝ったらかっこいい的な感覚。これはダメ。それで勝てるとしても出来る限り速い車を用意しなきゃダメ。一番速い車に乗ることに慣れてないと、負けたときは車が遅いからと言い訳出来るからある意味楽なんですが、いつもそうやってると、いざ速い車に乗ったときに言い訳出来ないプレッシャーみたいなのからか、変に力が入っちゃったりして満足に走れなくて遅い車に乗るのと大して変わらない結果しか出ないとか。

ボッタスがもしそういう貧乏性みたいなものを持ってるとしたら、トップチームに入って崩れるというのは納得出来る。

もう一つあるのは、例えば今までチームメイトに勝ち続けてきてて、負けるとしてもたまに少し負ける程度だったのが、常に負け続けてるわけじゃないとは言え、圧倒的に差を付けられるのは初めてとか。負けてても今まではその理由がわかってたけど、もうどうやってもそのタイムは出せない。とても同じ車に乗ってるとは思えない。と感じるような速さを見せられたのが生まれて初めての経験だとしたら、生まれて初めて挫折感を味わってるのかもしれない。シーズン前は自信満々だったもんなw 勝てると思ってたんだろうな。僕も思ってたけどw

でもそうとも言い切れないのは、常に負けてるわけじゃないってことなんですよね。そこまで卑屈になるほど負けてないと思うけど。ハミルトンが調子悪いときにボッタスは速かったり、予選の対戦成績ではほぼ互角と言ってもいいでしょ。今回は圧倒されたけど逆のケースもあったわけだし。ハミルトンは何年も乗ってるのに対してボッタスは1年目であることも考えたら、一発では現役最強?かもしれないハミルトンに対してここまでやれれば十分だよね。冷静に考えて。

わからないですけどね。実際のところは。いつだったか今年セーフティカー中にスピンしたじゃないですか。あれ本当にビックリ&がっかりしたけど、その次のGPだったか、フリー走行中の解説で今宮さんが、ボッタスは昔からああいうビックリするようなイージーミスを犯すことがあるけど、その後すぐにそれを帳消しにするような活躍をする。と言ってて、あーそうなのか。と思ったんだけど、なんていうか、単にそういう浮き沈みみたいなのが激しい人なのかなという気もするし。調子が良い時はチャンピオンクラスだけど悪い時はF-1乗っちゃダメな奴でしょ。みたいな。


う~ん、しかしなんとかここ乗り越えて欲しいなぁ。乗り越えなきゃここで終わりだろうからな。性格的なものは一番好きなんですよね。ここで終わらないで欲しい。


っつーかレース荒れてますねw 最近じゃここまで荒れるのは珍しいですよね。面白くていいですけどw

しかしベッテルはダメだなぁ。ああいうのですよ。ああいうのがなければベッテル応援したいんだけどな。「え?この人チャンピオン?やっぱりレーサーってガキだな。」とか思われるだろ。頭おかしいと言われれば否定はしないけどなw 恥ずかしいからやめろよ。いや、僕はもうレース業界とは無関係だからどうでもいいといえばどうでもいいけど。僕が見始めてからで言えば今回のは一番酷いなwハミルトンにしてみたら「は?w」って感じだっただろうなw いや、車にダメージあるかもしれないから笑い事じゃないかw

そしてあれに対して10秒ペナルティね…。失格でいいよあんなの。レース外だからな。ハミルトンもチャンピオンとして恥ずかしいことやりまくってたけど、今年はチャンピオンらしくなって、今回のレースで言えばハミルトンが大人の対応だったね。いいぞ。ちょっと応援したくなった。ベッテルvsハミルトンならハミルトンに勝って欲しいという気持ちになった。出来ればボッタスかライコネンの逆転が見たいけど。


レース終盤ですが、ボッタスいいペースで追い上げてるなぁ。また今宮さんが言ってたやつですかね。素人みたいなミスの後の良い走り。ストロールは運ももちろんあったけど荒れたレースでよく生き残ったなぁ。今回のレースだけなら満点じゃないか。どうだろうな。最初の頃、どちらかというと自分からぶつかっておいてぶつけられたとか言っちゃってたし、センス0だからさすがに超絶金持ちと言えどすぐ消えると思ってたけど、金と若さと経験で「F-1ドライバー」になってしまうんですかね。エリクソンがペイドライバーだと思ってたけど最近はもうすっかりF-1ドライバーになったのと同じように。


今レース終わりました。最後の最後、ボッタスかわしましたね。ボッタス好きとしては嬉しいけども。さすがにストロール可哀想だったかなw でもまあ、優勝を逃したわけじゃないし、やるだけやったから悔いはないし素直に初表彰台を喜べるかね。

新人の初表彰台を祝福するアロンソ。アロンソが一番チャンピオンらしいかもしれんな。ちょっと前に、友達と、セナってなんなんだろうね。という話をしてて、セナってなんか違うんですよね。なんだかよくわからないけど凄い。速いとか上手いとかそういうことだけじゃなくて、なにかが違うんですよね。カリスマ性みたいなの。カリスマ性ってのもなんかしっくりこない部分もあるけど。ああいうのをヒーローって言うんですよね。っで、現役で一番それに近いのって誰だろう?っとなると、一番しっくりくるのがアロンソだった。ハミルトンでもベッテルでもライコネンでもない。アロンソは確かに何か違う魅力を持ってるよね。

そういえば前回のGPニュースだったと思うけど、どこかのレースで、6万ユーロでしたっけ?払ってハミルトンが運転する車に乗った人の話をしてて、僕だったら金払ってでも乗ってみたい人いるかな?と考えたときに、まあ、セナとかプロストとかは当然として、今の現役だといないかなぁ。と思ったんだけど、アロンソは乗ってみたいかもしれないと思ったんですよね。アロンソの運転の仕方は独特だし、遅い車でも何故かそれなりのタイムをいつも出すし。

マクラーレンに乗るのは今年までだろうから、来年どうするのか気になりますね。トップチーム乗って欲しい気持ちもあるけど、それなら一番可能性あるのはボッタスと交代だろうからなぁ。それは嫌だなぁ。引退しちゃうのも寂しいけど。でも考えてみたらマクラーレンの前はフェラーリ乗ってたんだっけ。あの時のフェラーリは酷かったもんな。そして、あの時ライコネンはアロンソにあれだけ差をつけられていたのに、チームを出て行ったのはアロンソで、その数年後、フェラーリはトップチームに返り咲き。ドライバーとしてのポテンシャル、魅力はあっても、トップチームは欲しがらないですかね。昔は開発はテストドライバーの仕事だったけど今はもう開発も仕事の一つになってるからね。これってシューマッハが変えたところですよね。シューマッハって色々とそれまでの時代で誰もやってなかったことをやってましたね。色んな意味で先駆者なんだよな。そういう意味では偉大な人ですよね。ある意味セナプロスト以上に。アロンソは開発出来ないのにやろうとするからw 今時みんなやってるし、やらないとかっこ悪いとか思ってるんだろうなきっとw アロンソの場合は開発には口を出さずに出来た車をレースで走らせるだけ。っていうシューマッハ以前の時代のレーサーと同じスタンスでいた方がいい気がするな。そうすればもっとチャンピオン獲れてたんじゃないかと思う。いや、わからないけどね。遅い車ではあれだけチームメイトに差を付けるけど、速い車ではそうでもなかったらしいしw


っとまあ、毎度のことだけどかなり話それましたが、ここらで終わりますか。F-1の放送も終わりそうなんでw 寝ます。


スポンサーサイト

テーマ : F1
ジャンル : スポーツ

tag : F-1

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Franky666

Author:Franky666
ニコニコ動画で実況プレイとかいうやつをしてたりしてなかったり。
マイリストpart1集
http://www.nicovideo.jp/
mylist/22423300

このブログは、テーマとかありません。
気が向いたらテキトーに更新します。

好きな言葉

最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できるものである。(ダーウィン)

自分が眠っていると気づいた人は、その瞬間、すでに半分目覚めている(ウスペンスキー&グルジェフ)

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう(アインシュタイン)

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード