日本の労働事情を考える

https://twitter.com/kama_kasu/status/839097116181999616

ツイッターでこういうのがあってさ、経営者の立場だったら従業員をこき使いやすいから内心ほくそ笑んでるんじゃないか?

とか思ったんですけどね。いや、自分がその立場になったことないからわかりませんが。

自分が損してるってことはどこかで誰かがその分得してるし逆も同じ。だと僕は思ってるので、そういう考え方が出てくるわけですが。

前に仕事が辛すぎて自殺した人の話を聞いたときに、自殺するぐらいなら転職しろよ。と思いましたが、それが出来なくなってしまうのが日本の怖いところ。

そんなにこき使われてこんな会社嫌だと思ったら他を探せばいい。という選択肢が取れないんですよね。どうしてかというとほとんどの会社が同じような状況だというのと、もう一つは、日本では一度でも転職すると信用が落ちるという風潮があるからではないか。

っで、こんなことを漠然と考えてたら、この流れを止める方法になり得るのではないか?と思ったことがありまして。

とあるコンサルタントが言ってたことなんですが、自分が何かのサービスを利用して、その内容に不満があったときに、自分が提供する側になってもっといいサービスを提供することで、その会社から客を奪うことが出来る。的なこと。

なんのことはない、ただの競争ですが、これを客じゃなくて従業員に置き換えたらどうなるんだろう?と。

このツイートはフランスでは…という話ですが、ドイツの労働時間は日本の半分。という話を昔聞いたことがある。本当かどうかは知らないし半分というのは盛ってる可能性が高い気はするが。

まあ、その、日本では当たり前の労働条件から逸脱してヨーロッパ並の条件を出す企業が現れたとしたら、労働者は当然みんなその企業に入りたいと思うだろうから、優秀な人材を選び放題になって、そういう流れが出来始めたらブラック企業は働き手がいなくなって自然淘汰されてなくなるんじゃないかと。

まあ、人件費にそんな金かけてたら経営が成り立たなくなって倒産することになるのかもしれないけど。

僕の勝手なイメージですが、どうも経営者やってる人は自己中だったり精神的に幼い人が多い気がしてて、日本のそういう事情が関係してるような気がしてる。

役所系の仕事で美味しい汁を吸ってる人もそう。というか医者とかエリートと言われる立場の人はそういう人が多い気がする。

僕の環境だとそういう人と絡むことが多いだけかもしれないし、そうじゃない人もたまにいて、そういう立場の人で大人な人は本当に大人で、そういう人は素直に尊敬するし、ああこういう人ならそれだけの給料貰うのは当然だなと思うのですが。

なんでこんな奴が?と思うことの方が圧倒的に多い。こういう奴をみんな殺せば少しは日本も良くなるんじゃないか?とか思ったり。所詮人間だからそういう立場になったらそうなっちゃうもんなのかな。と思ったり。

そういう自分のことしか考えない人が経営をやり、従業員は奴隷で、いかにして安くこき使うかということしか考えない人がほとんどだからこうなってる。ような気がする。


同業他社との価格競争みたいなので共倒れとかにならないように価格を下げない取り決めをしてるらしい日本の自動車メーカーみたいな。

ああ、誰を選んでも何も変わらない政治家とかも似たようなもんですかね。

選択肢は与えられているようで実は与えられていないのに近い。

一応、企業では本当に極一部ではあるけど従業員を奴隷と思ってない経営者もいることはいるらしいが。


まあ、こういうことを考えてるだけの人は僕以外にも沢山いるだろうな。じゃあ自分がやるか?会社作ったり政治家になってみるか?というと、いや、それは無理w

だったらこんなこと考えるだけ時間の無駄なんだよなw とかいって我に返るw


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : PQ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Franky666

Author:Franky666
ニコニコ動画で実況プレイとかいうやつをしてたりしてなかったり。
マイリストpart1集
http://www.nicovideo.jp/
mylist/22423300

このブログは、テーマとかありません。
気が向いたらテキトーに更新します。

好きな言葉

最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できるものである。(ダーウィン)

自分が眠っていると気づいた人は、その瞬間、すでに半分目覚めている(ウスペンスキー&グルジェフ)

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう(アインシュタイン)

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード