ゲームやら実況に関する話を

今投稿してるDQBですが、ラダトーム編もプラン的にはこれでいいかなというところまできて、あとは死ぬことが多いので安定して出来るようになったら撮影しようかなと考えてるところです。

っで、これが終わったら、実況なしのRTAやってみようかなと思ってるところがありまして。チャレンジ制覇RTAって他に動画ないので、じゃあ僕が。的なノリで。

元々攻略プラン考えるのは好きだったんですが、それは自分が面白いと感じる進め方で、本当にタイム計ってタイムを縮めることだけ考えてやるのは初めてで、やってみるとなかなか面白い発見とかもあってよかったです。

んでまぁ、せっかくある程度出来るようになってきたので、他に動画もないし上げてみようかなと考えるようになりました。ただ本当にRTAとして上げるとなると、1つの動画を取るのに物凄い時間を使うことになるんですよね。DQBって4章あるから、上げるなら全部やらなきゃ。というのもあるし、あとはチャレンジ制覇だと色々と細かいところで気を付けないといけないんですよ。

チャレンジって一度クリアすると、リザルト画面でチェックが入らなくなってしまう。だから、まだチャレンジクリアしてないデータを用意して、それでやらなきゃいけなくなる。そのセーブデータで一度しか挑戦出来ない。何度もやるためには、クリア前にセーブしないでやめないといけない。クリア直前のどこかで目標タイムを決めて、それをクリアしたらそのままクリアしてそれを動画にするという流れになる。

あと、そのセーブデータで初めて何かの部屋を作った時に出る部屋レシピとか。あれ出ると数秒タイムロスするから、それを出ないようにあらかじめ部屋レシピは登録しておくとか。逆に全部出すルールにするとか。

これ関連の話で、メルキドガーデン。どうやら違う章でメルキドガーデン作って部屋レシピ登録したあとにメルキド編クリアすると、作らなくてもクリア扱いになって、リザルト画面でチェックが入るらしい。

この仕様だとおそらくマイラ編のなつかしの竪琴もレシピ発見でクリアだから同じことが出来るんじゃないかと。

こういうのもあるから、部屋レシピは1つも解放してないデータを用意して撮影するのが一番いいのかなと。

でもそれだと誰もやりたがらないから、チェック済みでもいいからいっそ全部クリアしたデータでやるとか。

そうするとメルキドガーデンをちゃんと作ったのかどうかの判定がきっちり出来ないんじゃないかと思うんですよ。RTAで作るなら拠点の外に作ることになるんですが、初めて作った場合はその場で部屋レシピが出るから確実にわかるけど、そうでなければ作っても「メルキドガーデン」という表記は出なかったと思う。

動画なんだから作ればわかるだろうという意見もありそうですが、作ったつもりでどこか欠けてたりして出来てないケースも多いので。タイムアタックなら尚更。

だから、ちゃんと作ったって証明は必要。だからやるならチャレンジをなにもクリアしてない、部屋レシピも登録されてないデータを用意しないと。って話になる。

なるほど、誰もやってないわけだなと。

というか、そもそもRTA自体余計なことを何もやらずに通常のクリアまで。ってのがほとんどですよね。

そういう事情を考えると「RTA」として上げるのはどうかなと思うところもあるんですが。


んでそんなことを考えてる時に、なんかわからないけど急にFF15やりたくなってきてw どうしようかな買っちゃおうかな。っで、実況やる?って一瞬頭をよぎったんだけど、それはないです。なんかね、発売直後のゲームを、攻略見ないでプレイするってのが、物凄く久しぶりで、昔を思い出しながら考えてたらだんだんやりたくなってきて。だからもしやるなら実況じゃなくて普通にプレイしたい。

RTAもFF15も時間使うだろうからやるならどちらかだけど、どうするかな。

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : ゲーム ニコニコ動画 実況

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Franky666

Author:Franky666
ニコニコ動画で実況プレイとかいうやつをしてたりしてなかったり。
マイリストpart1集
http://www.nicovideo.jp/
mylist/22423300

このブログは、テーマとかありません。
気が向いたらテキトーに更新します。

好きな言葉

最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できるものである。(ダーウィン)

自分が眠っていると気づいた人は、その瞬間、すでに半分目覚めている(ウスペンスキー&グルジェフ)

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう(アインシュタイン)

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード