FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を叶えるのは人間関係

https://twitter.com/t_shizuhara/status/1079929295068262400

こういうのがあってね。引用リツイートしたんですが、とても思うところがあるので、書きたくなった。

https://twitter.com/nicofra666/status/1080351900979982337

リツイートの内容はこうなんですが、連想されたことがあって、友達から聞いた話なんですが、昔何かのTV番組だったか、鈴木亜久里が出演してて、見に来てたお客さんの中の子供から亜久里に質問で、「どうすればF-1レーサーになれますか?」という質問に対して亜久里は「それを聞いてる時点で無理だよ。自分で調べないと」みたいなコメントをしたらしい。聞いた時は僕も一応納得はしてたんですが、なんか腑に落ちないところがあったんでしょうね、覚えてるってことは。

まあ、そういうこと言う人の気持ちとしては、なんでも人に聞くだけじゃダメだ。自分で調べられるようにならないと。みたいな意味合いが含まれると思うんですよ。その気持ちはわかる。勉強でもあるじゃないですか。なんでも友達とかに聞くだけで自分でやろうとしないとか。確かにそういうのはよくない気がする。

しかし。

実際に自分でもF-1レーサー目指してレースをやって結局プロにすらなれなくて、後から思い出してみると、現実に夢を叶えてF-1レーサーになった人の話とか聞くとさ、やっぱり自分から動いて声かけて、それがきっかけになったって話は結構あるんですよ。僕に一番足りなかったのはそこじゃないかと今は思ってます。

例えば、ハミルトンが子供の頃、自分からロンデニスに声かけて「僕はセナのようなF-1レーサーになりたいのでマクラーレンで乗せてください」的なことを言ったとか。それがきっかけでハミルトンはロンデニスにかわいがられて育ててもらえた。言えば必ず面倒見てくれるってわけではないだろうけど、言わなければその存在すら知られずに終わる可能性が高いわけで。

F-1の前座でF-3とかやってますけど、前夜祭だったかで亜久里は若手のF-3ドライバー達に、お前らF-1チームの代表に挨拶しに行ったか?と聞いたけど誰も行ってなかったとかいう話も聞いた事ある。

結局、夢を叶えるのは人間関係なんですよ。F-1だって人間がやってることなんで、そこに入れてもらいたかったら実際やってる人に自分を知ってもらうことが近道です。

だから僕は、そういう人が目の前にいるなら、とりあえず声をかけてみる、自分はこれをやりたい。こうなりたい。と意思表示をする。やり方を聞いてみる。とかやればいいと思う。亜久里は子供に自分で調べろと突き放していたらしいけど、一応なんでも聞くだけではダメだよ。というのもあるにはあるけど、正直、そんなのは説明が面倒だからとか、なんとなくその場はそれらしい台詞に聞こえるからそう言うとかっこいいとかそんな感じだと思うんですよね。こういうこと言う人の本音なんて。あるいは自分がそういうこと出来ない人間だから、それを認めちゃうと間接的に自分を否定することになるから。とかね。

行動出来るだけ立派。別にそこで教えてもらえなくても批判されても、その後で自分で調べることが出来なくなるわけじゃないでしょう。直接話せるチャンスなんてその時しかないかもしれない。だったら理屈で言ったら声をかけない理由なんてないはずです。かけない理由があるとしたら、恥ずかしいから、勇気がないから、批判されたりバカにされたり拒否されて傷つきたくないから。とか、そういう類いの理由しかないはずです。

もしそこに「自分で調べろ」という人しかいないのであれば、そんな職場はこっちから切ってやればいいんですよ。そんなもの、恥でもなんでもない。そんな行動力のある人間を門前払いするなんてそっちの方がよっぽど恥だと思う。勇気を出して行け。(←自分は出来なかったくせにw)


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : PQ

ストレスと疲労と本当の自分

ストレスやら素の自分の話なんですが、本当の自分について書いた時は、環境で変わるという話でしたが、じゃあ一人でいる時はどうなんだと考えると、それも安定してるものじゃなくて、その時の疲労度とかストレス度とかで行動パターンって変わるでしょ?

本当は遊びに行きたいけど、疲れてると外に出るのもめんどくさくなって家にいるとか。今の環境ではインドア派になってる人でも、疲れてるからそうなってるだけで実はアウトドア派なケースはわりと多いんじゃないかと思ってる。

現代人は大抵、相当に疲れてるらしいので。

疲労やらストレス以外にも財力でも行動パターンは変わりますよね。遊びに行きたいけどお金がないとか、持ってはいるけどその金額払うのはちょっと…っつって行かないとか。収入に関してはそういう直接的な影響もあるけど、精神的な影響がめちゃめちゃ大きいです。それによって世の中の見方も周りの人との付き合い方も変わるし、そういうものから受ける影響も変わる。自分の身体や精神状態が変わると、同じ人から同じ事をされても感じ方って全然違う。収入が変わると何もかも変わってしまう。

「貧すれば鈍する」「衣食足りて礼節を知る」

ストレス、疲労、収入の面だけ見ればまさにこのことわざ通りだと思います。
全員が当てはまらないのはモラルだとか道徳心だとか、その他にも色んな部分に影響されているところだと思います。
野心が強ければ自分はもう満足してるから人に分け与えようと思うレベルが上がるから恵まれてるように見えても礼節を知らなかったりとか。博愛精神が強い人は逆に貧しているのに鈍してないように見えるかもしれない。

どの程度の生活レベルで貧している、衣食足りてると感じるかは個人差があるし、他人を見る時には大抵自分のレベルより上なら足りてるのに…下なら貧しているのに…と見えるだろうから、その基準であの人は凄いとか性格悪いとか思ってしまうけど、もしかしたら違うかもしれない。


ストレスとか疲労って、自覚出来るのって一時的に大きく上昇か下降した時だけで、慢性的に抱えてる部分についてはもう自覚出来なくなってるものだと思う。

前に今の仕事を始めたばかりの頃に、このブログに今の仕事はストレスがないと書いたことがあったけど、書いてる時にも気付いてたんですけど、あの時は書くのが面倒だったのと、本当にそう感じていたから何も書かなかったですが、ないってことはまずあり得ないんです。仕事に限らず。

今までの仕事と比べたら遥かに少ないからないと錯覚していただけで、やっぱりストレスはある。全体的に見れば相当少ないので楽なんですが、前の仕事にはなかったストレスもあるにはあるし。

人は今の環境に適応するようになってるので、その環境で受ける普通レベルのストレスというのは基本的には感じなくなるものなんだと思う。ここで重要なのは、感じなくなると言ってもそのストレスに強くなるとか克服したって話じゃなくて、身体はしっかりそのストレスを受けて蓄積してるけど、意識上には上げないようにしてるだけってこと。

ストレスを感じなくするってことは、その部分を鈍感にするってことで、その分身体が固くなる。ある部分が固くなって動きが悪くなれば当然他の部分に負担がかかって機能は低下するし疲れやすくもなる。

身体が疲れたら疲れたでその部分は固まるそうです。ストレスでも疲労でも身体は固くなる。固くなればそれだけ鈍感になる。ストレスも疲労も感じにくくなる。そうやって慢性的に受けるストレスや疲労には鈍感になって感じなくなってくるんじゃないですかね。放っておくと病気になるかもしれない。


今回はかなり話がそれて書きたい事が書けてない感がありますが。
上の方で何度か書いてる行動パターンってのはイコール性格と思ってもらえば、素の自分ってやつが環境で変わることの意味というか、まあ僕がそう思ってるってことは理解してもらえると思います。


今の自分が思ってる本当の自分ってのは、今の環境の中において消す事の出来ないストレスや疲労、それに満足していようがいまいが、今現在の生活レベルにおける満足とか不満から受ける精神状態ありきの行動パターンのことであって、それが「本当」である可能性はほぼゼロだと思う。なぜなら現代人はまず間違いなくもの凄くストレスを抱えていて疲れているから。

でも、それに満足してて今幸せであればそれでいいんだろうなとは思う。本当に本当の自分でいたい。それが許される環境を手に入れたいと思ったら、それはたぶん一生かかっても手に入らない可能性の方が遥かに高いと思うから。


テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : PQ

日記

最初はフォローする気なかったけどさっき目が覚めた時に急にフォローしたくなってどうしようか迷った。迷った結果、とりあえず今はしないことにした。

林原めぐみのunsteadyを思い出した。
「昨日より弱くてでも今日より強くてゆれてる決意定められなくても」

林原めぐみの曲ってやっぱりいいな。ずーっと昔に読んだ声優の雑誌の中で、神谷明だったか忘れたけど、その当時かなりの大御所の男の声優の人が、林原に人生を教えてもらいたいとか言ってた。久しぶりに曲聞いてると確かにそんな気持ちにもなるね。人生に対して迷いがない。自分はこれがやりたい。ってそれに向かってまっすぐ進んでる感じ。思い出してみたら昔、自分はF-1チャンピオンになる!とか信じてた頃の僕もそんな感じだったのかもしれない。当時の僕を好きになってくれた女の子もいたけど、当時の僕は女には目もくれなかったな。大人になってからはずっと後悔してたけど、それぐらいまっすぐ夢を追いかけていたから魅力があったという部分もあったのかもしれない。と思ったら、まああれはあれで仕方なかったのかなという気もしてきた。

それはそうと、この曲は恋愛じゃなくて夢の方だと思うけど。夢を追いかけてるとそういうことは日常茶飯事だから昔F-1目指してた僕にはよく理解出来る部分です。恋愛にも波はあるし、似たようなものか。

相手の波が来た時にアプローチ出来ればいいのかもしれないな。それがタイミングってやつですかね。

今週は日曜日から金曜日までで残業29時間でなかなかに辛かったです。会社にもよるけど運送会社って結構どこもそんな感じらしいですね。基本給がめちゃめちゃ安くて、残業で稼ぐ感じらしい。そら居眠りで事故も起きますわ。先輩の昔の話とか聞くと酷いもん。いやいや身体持たないよ。って。仕事終わって今から帰る時間から明日の出勤時間まで6時間ないとかザラで、13日連続勤務とか。さすがに毎日ではないと思うけど。あ、先月僕は18日連続やったなw 残業は少なかったし途中から夜勤だったからそんな辛くなかったですが。そんな話を聞くと、6日で残業29時間とか大したことないのかなと。今でも世の中には今週の僕以上にハードな勤務を日常茶飯事のようにやってる人も多いんだろうしな。その人が給料どの程度貰ってるかという問題もあるけど。

今日から夜勤入るのでたっぷり寝てさっき起きたところ。今午後3時ぐらい。

正月は手当が出るらしいので仕事出るつもりで、年末年始夜勤入ってくれないか?と聞かれて、夜勤は好きだし正月出たいし喜んで受けたんだけど、昨日の帰り際、明日から夜勤入るという話を先輩にしたところ、正月の夜勤は仕事がなくて休まされる可能性もあって、騙されたんじゃない?w とか笑ってましたw まじかよw

配車組んでる人に何日まで夜勤やるのか確認したら、1日は稼働が少なくて、その日一日もしかしたら休みかもしれないと言われたけど、他の日は仕事あるっぽかったけど。しかし、31日から3日か4日まで手当が出るらしくて、一日3000円なんだけど1日だけ5000円出るとかで1日が一番美味しいのでその日に休みというのはやっぱり騙された感はあるなw

夜勤はそういうことがあるから、年末年始の夜勤は誰もやりたがらないとか言ってたなw 普段は出荷地は24時間動いてるんだけど、正月は夜動かないから、昼の仕事の人が夜の分の積み込みを済ませて夜の人はすでに積んであるガソリンやらをスタンドに運んで終わりということで、仕事的にはめちゃめちゃ楽で手当が貰えるから美味しいと言えば美味しい。ただ残業は間違いなく付かないから手当貰ってもそれほど稼げないのかもしれない。

なんかただの日記になってしまったな。まあ、たまにはこういうのもいいよね。ブログだし。

あ、ドラクエビルダーズ2買いましたよ。PS4のやつ。久しぶりに少し時間あるから少しやろうかな。


テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

本当の自分

本当の自分についてなんですが、普通に考える「素の自分」ってありますよね。僕もつい最近までこれに関してはそんな深く考えないで普通の考え方をしていたわけですが。

普通の考え方。「今の自分が」素だと認識してる自分が本当の自分だという考え方。

過去の事を思い出してみると、高校生の時の自分、中学生の時の自分、小学生の時の自分、結構違う人間だったんですよ。っで、それらの自分の、どれが本当の自分なんだろうと考えてみると、たぶん究極的には生まれた瞬間の自分ってことになるんじゃないかと。

逆に考えて、じゃあ本当じゃない自分ってなんだと。

今の自分が認識出来る、仮面をかぶった状態。その状態でいるとストレス溜まりますよね。色々我慢してるから。じゃあ、なんでそういう状態でいるんですか。素じゃない自分でいる理由はなにか。

それは例えば、仕事中に自分の感情で行動すると仕事に支障が出るからそうする。とか、仕事の飲み会とか、本当はあまり行きたくないけど仕方なく参加してる時にその場の空気に合わせた態度を取るとか。わりと親しい人と居る時でも相手への気遣いだったり相手から嫌われたくない好かれたいみたいな気持ちから、本音を隠したりとか。

要するに、人間社会の中で上手く生きていくための処世術ですよね。自分なりのやり方。それがその人の「性格」なんじゃないかと。

動物の行動パターンって大別すると2種類だと思うんですよ。快楽を追い求める行動と苦痛から逃れる行動。赤ちゃんが親から受ける躾は動物の躾と同じですよね。やっちゃダメなことをやると苦痛を与えられ、いいことをやると快楽を与えられて、徐々に行動パターンが出来てくる。要するに条件反射ですね。

人間の場合、そこから近所の友達との付き合いとか幼稚園とか学校とかに行き始めるとそこで一緒に過ごす他人との人間関係の中で、色々と複雑な条件付けが沢山されていって、単純な条件反射には見えない行動パターンが出来上がってくると、それがその人の「性格」と言われるようになってくる。

付き合う人が変われば、自分がやったことに対する周りの反応も変わるから、その環境に適応しようとすると条件反射が修正されて、性格も変わる。

だから、本当の自分っていうのは、環境で変わるものなんです。

あるいは、環境で変わる物は本当の自分ではない。と考えるなら、それはもう生まれた瞬間の自分まで遡ることになる。と思ったんだけど、そっち方面を真面目に考えてみると、生まれた瞬間ではないと思う。だけど、基本的にはそこまで遡ってそれが本当の自分っていうのはあまり意味がないと言いますか、じゃあ大人になった今、その時の自分のように振る舞えるのかといったらそれは99%無理なはずなんですよ。いや、今の環境で普通に生きようとしたらおそらく100%無理。だからそれを本当の自分と考えたところであまり意味はないと思うのですが。

環境で変わらない部分ってのは、ハードウェア部分のことだと思います。身体の構造そのもの。親からもらった遺伝子。

それに、胎内での成長は全部母親に依存することになるので、その頃の母親の健康状態とか。その時に母親の周りにいた人達と母親の関係とかでしょう。苦痛や快楽を受ければ健康状態にも影響あるはずなので。

生まれた瞬間にハードウェア部分は全て確定するのかというと、そうではなくて、人間の脳って、大体3歳ぐらいまでは構造そのものが変化するらしいじゃないですか。その脳の構造が確定した瞬間の自分が、その後死ぬまで変わらない基礎の基礎の自分ってことになるのではないか。っと書いてて思ったけど、脳の構造が変わる期間であってもソフトウェア的な条件反射の条件付けもされていくんだろうから、その時点ですでに環境によってあっさり変わってしまう部分もある程度あると思うので、それが普遍的なものってわけでもない気がする。

さらに言うと、このハードウェア的な脳の構造も、実は命の危険が迫ってそこから生き延びると変わる可能性もある。この構造自体に依存する変わるはずのない能力に変化があったという例が過去にあったらしい。

っということなので、本当の意味での本当の自分っていうのはあまり考えても意味がないことで、かといって今の自分が認識してる本当の自分ってのも、環境が変わればあっさり変わってしまうのであまりそれに固執しない方がいいと思う。


う~ん、なんか、この話を書こうと考えてる時に、ストレスの話も深く繋がってるからその話にもなると思ってたんですが、ならなかったですね。上手く分離出来たと考えるべきか。あとは脳の構造の話で、母国語の話になるかとも思ったんですがそれも書かずにまとめられた。

ストレスの話はそれはそれで書きたいと思ってるので、また書けたら書きます。母国語の話は過去に書いた事あるかもしれないし別にどっちでもいいかなw 気が向いたら書きます。


テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : PQ

毎度おなじみの

ここのところアプローチしていた女の子に完全にふられて久々に死にたくなりました。ふられたぐらいで何言ってんだって感じでしょうが、感情って過去の傷も呼び起こされるんでね。なんかもう、僕の人生ってなんなんだろうとか考えちゃうんでね。辛い事しか起きないじゃん。もう嫌だ。みたいになっちゃうんですよね。

最初にふられた時点で身を引ければいいんでしょうけど、僕って完璧に嫌われないと諦められないらしくて、相手の行動からあれこれ考えてもしかしたらこういう可能性もあるのかな?みたいに一人で勝手に妄想してそれを確認しに自分からとどめを刺されにいくみたいなw

こういう性格だからしょうがない。と思っていいのか。変えないとダメなところなのか。恋愛のことはよくわからないですけどね。僕の性格でこういうのを変えようとしたら、例えば自分の中で候補が二人以上いる時にしかアタックしないとか、相手の事を好きにならないように努力するとかいう話になる気がする。相手に全然そんな気はないのにこっちだけ気持ちが膨らんでそうなっちゃうんだろうから、そうならないようにするにはね。

なんか最近思うんですけど、一番幸せなパターンって、まだ純粋な小学生とか中学生の時期に両思いの相手と出会ってその相手と付き合って結婚してお互い一人しか知らないってパターンなんじゃないかと思えてきた。

その時期を逃したら、もしかしたら僕が考えているような恋愛って出来ないのかなって。一人にのめり込みすぎるのはよくないとかよく言うじゃないですか。周りの既婚者見てても結婚してるくせに事務の女の子にちょっかい出してたりとかさ。ああいうの大嫌いでさ、彼女や妻がいたら、他の女とかどうでもいいし、話もしたくないし。とか僕だったら言いたいですけどね。でも現実には僕みたいな男は大抵一人で、わりと軽い男の方が彼女作れるんですよね。相手からしたら重すぎってことなんだろうけど。

お気に入りを複数作るとかそういう方向が嫌なら、自分の気持ちを抑えるしかないのか。でも僕がそれやると単に何もしないでチャンスも逃して終わるだけな気もするしな。相手の言動から相手の気持ちを察してこっちから動かないとダメですよねたぶん。っで、僕の場合十中八九相手の気持ちを見誤って自爆して終わりなんだよなw 嫌になるよw

ホント、みなさんよくそんなポンポン恋人作れるなと思う。

なんかさ、もう手当たり次第ラブレター渡してふられた回数カウントして100人とか目指しちゃおうかなみたいな気持ちにもなってくるねここまでくると。
と思ってふられた人数数えてみると意外と少ないですね。ハッキリ好きです付き合ってくださいって言ったのも思ったより少ないし。まだ10人も行ってない。ハッキリ告白はしてないのも含めると今回で13人目ですけど。たぶん。忘れちゃってるのもあるだろうからもうちょっと多いかも。付き合ってくれたの一人だけですからねw しかもその子は最初からこっちからアプローチしたわけじゃない。つまり、自分からアプローチして付き合えたことは一度もない。全部玉砕してるってわけ。40年生きて一度も成功した事がないことに希望を持てる人っていますかね?それでこれだけふられたってなかなか凄いと思うんですがどうでしょう?w 懲りずによく女の子を好きになるなってw まだまだ全然少ないですか?w

基本的には自分に彼女なんて出来るはずがない。結婚とか関係ない話。みたいな思いが子供の頃からあるから、別に彼女作りたいとか結婚したいとかそういう願望があるってわけじゃないんですよ。ただ身の回りに好みの女の子がいたりするとすぐその子を好きになってしまうから付き合いたいって気持ちになるだけで。「誰かと」じゃなくて「その子と」という感じなので、誰もいない時に出会いを求めて婚活パーティに参加。とかそういうことはやる気にならないんですね。

仕事や年収、見た目的に相手にされないだろうから行く気にならない。というのもありますけど。


今月12日からずっと連勤で、明日明後日久しぶりに休みなんですけどね。もうゲームすらやる気にならない気分で、かといって何もしてないと死にたくなるだけなんでね、気を紛らわす意味でも久しぶりにブログでも書こうかなみたいに思ったわけですが、恋愛の話でこんなに書くつもりなかったんですけどねw でも少しだけ気が楽になったからよしとしよう。


ずーっと前から書きたいと思ってるんだけどまとめられる気がしなくて書いてなかった「本当の自分ってなんなんだ」という話を書こうと思ってるんですけどね。書けたら書きます。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : 恋愛 PQ

プロフィール

Franky666

Author:Franky666
ニコニコ動画で実況プレイとかいうやつをしてたりしてなかったり。
マイリストpart1集
http://www.nicovideo.jp/
mylist/22423300

このブログは、テーマとかありません。
気が向いたらテキトーに更新します。

好きな言葉

最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できるものである。(ダーウィン)

自分が眠っていると気づいた人は、その瞬間、すでに半分目覚めている(ウスペンスキー&グルジェフ)

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう(アインシュタイン)

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。